So-net無料ブログ作成

ブログ 記事のスタンスについて [雑記]

 いつもご訪問ありがとうございます。

 ブログについてのスタンスを述べさせて

いただきます。

 当方の記事は、順位をあげようとして誇大したり

してないことは再三、申し上げていますが、昨年

あたりから、PLAYLOGから移行してきて

PLAYLOGタグのユーザーさんがいなくなったり

順位を下げるなどして、ベスト10にも入らなかった

私のところが上位に出ていますが、正直言って更新

してランキングがすぐに更新されて無いのか、記事

書いて数日たってから、NEWマークがついていたり、

時々アクセス数を見ますが、何でそんな画像検索

サイトから私のところにつながるのか、わからない

ものが多く、ランキングというものに固執する気が

無いことを申し上げておきます。

 見たくないのなら見なければいいし、頭押さえつけて

までみて欲しいとjは思わないし、以前から言ってるのは、

え、そうなの?と言うものを、私のところにきていたら

見ることが出来、そうでなくランキングなどで私の

ところなど来ない人間が、悔しい!と思うようには

してますが、中々その境地には達していないのが

事実。

 正直、写真撮るのもプロではなく、あくまでも記事の

説明の補足なので、画質求めるのならば、プロの

サイトへ行ってください。です。

 記事も大体1個書くのに書いては、色々な流れから

消したり付け足したりの繰り返しで、すぐ二は出せないし、

ましてやそれを毎日は到底無理、読み返して修正漏れなど

が多いので、毎回登録前に見直してますが、最近は

時間がたつと記事を保存できず、またゼロから書き直し

するなど手間がかかり、写真撮る時にどういう風にとって

出せばいいのか、どういう風に記事を書いたらいいのか

というのは考えますが、それが中々、反映されていない

のが事実。

 で、アクセス数の広告クリックするとポイントが入る

仕組みはありますが、私のところなぞ、せいぜい数ヶ月に

1回ポイントが入る程度で、ソネットポイントなど、失効間際

になって仕方なく何か交換するくらいで、年間でプロバイダ

料金を合わせても、イヤホン程度の交換が精一杯です。

 ソニーのネットショップで買うより明らかにビックや

ヨドバシで買ったほうがいいので、ポイントを増やす

気は毛頭ありません。 

 記事書くのも、今年の5月までは日勤だったので

土日以外に平日に書くこともできましたが、も今はシフトで、

夜勤明けの短い休みにやっとかける程度まで頻度も

下がっており、訪問返しもなかなか出来ない状況ですが、

U3さんご指摘のとおり、先日、とあるかたの登録依頼を受けて

登録をしたことは事実です。

 登録に関しては、せっせと登録するものでもなく、こちらの

登録基準は、その方の記事に毎回検索やブックマークに

入れなくてもいけるようにするのが目的で、営利目的では

ないし、私の登録は公開されてますが、逆に私のところの

記事を登録していただいてるところなど極少数

だと思います。

 なので登録についても積極的に登録はしませんし、

登録の要請依頼もしません。

 つぎに、ソネットブログではないですが、実際にお会い

して、その後に音信不通になったり、掲示板じだい、

オフ会してお会いした後にその後問題が発生して

訪問しなくなったりがあるので、それを恐れてなるべく

新しいところに積極的には行かないし、会うとその後

関係が壊れることが多いので会うことはしないように

してます。

 会って、それまでずっと知り合いだったかのように

話したりする楽しみはありますが、会ったからこそ、

意見の対立で、

(こちらにも原因があるのかもしれないが)

じゃあ、いいです。というjことにもなるので、ブログ

仲間でお出かけしたと言うような生地を見るとうらやましい

と思うのですが、新たに来られる方が私の何の記事に

興味を持って、nice!をいただいたのかわからないことも

ありますが、nice!しないで立ち去ることも出来る

(訪問者数にたいして1/10くらいあればマシ)

わけだし、ある程度の期間こちらが一方的に訪問する

ことになってきたなと思ったら訪問はしなくなるし、それも

自由かと思いますね。

最後に、以下を決めたいと思います。

 今後については、読んでいるブログ(RSS)登録については

依頼で受け付けることは中止します。

 「読んでいるブログ」ですから読もうと思うことが無くなったら

登録を削除しますし、うちのところの登録をはずしてくれ。と

言う登録は受けますが、断りも入れずに登録するし、断りも

無く削除することとします。 


nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

金沢旅行記 3 [雑記]

 そろそろ終えないと、記憶も薄れてきてますが、

やはり夜勤明けの休みにならないと記事書く時間は

取れないし、いらっしゃる方にできるだけ返礼するだけで

いっぱいですが、進めようと思います。

 さて、前回は、鶴来までだったと思います。

DSC01325.jpg

 白山ひめ神社にはもう一度調べなおして、再チャレンジ

しようと思いますが、ようつべで加賀一の宮まで伸びて

いた時の映像を見てると、中鶴来という中間駅が

あったようで、午前中にくるぱくまで片道20分以上

歩いているのに、再び鶴来駅から徒歩で行くのは

そろそろ体力的に無理、しかもバスがあまり無いよう

なので、断念して正解でした。

DSC01321.jpg

 金沢駅前のホテルに戻って、身軽にして、金沢城と兼六園に

向かうともう16時近くで、金沢城の入館時刻はタイムオーバー。

 お茶飲める休憩所もパス。IMG_8264.jpgIMG_8404.jpg

 金沢城の庭園を通り過ぎて、兼六園の入館はセーフだったので

兼六園に入りましたが、金沢城について言うなら、愛知の小牧城、

横浜の港も見える丘公園のきつい傾斜を上るとは露知らず。

 松本城のように平地か、それとも山があっても掛川や

浜松、大阪城くらいかと思っていたので、予想外の山のぼり

にはあはあ言いながら上って時間切れはショックだったので

翌日に再訪することにしました。

DSC01427.jpg

IMG_8292.jpg

 城の割には天守閣が無いこともはじめて知り、城跡

ではないかと思うのですが、兼六園もこれまた山の上。

 雪が降って折れないように紐で結んで、根元に藁で

包んで虫を春になったら着いた虫ごと焼く、テレビで

象徴的な雪景色の庭も、あれ?雪がないとなんだか

わからないもので、灯篭が有名と他の観光客が

言っていましたが、その当時は、それすらも知らず。

 知らないことがよかったといえばそれまでか...。

IMG_8334.jpg

 兼六園を後にして、近江町市場のチャンピオンカレーで夕食。

 カレーの市民アルバ、ゴーゴーカレーに続いて3軒目のカレーは、

それまでの二軒が汁気が無く黒に近いソースなのに対して、

ココイチなどの一般的な茶色のソースでした。

カツカレーM ウインナーハーフ エビフライトッピング

IMG_8420.jpg

 ウインナーハーフと言うのは初めて知りました。

 ココイチや、横浜のカレーハウスリオでトッピングすると

普通に1本出てくるのですが、ハーフ2枚買ったら1本で

出てくるのか、それとも、切ったのが2つ出てくるのでしょうか...?

 知名度としてはチャンカレと言うことで有名なようですが、

私は単に行きやすいところ(近江町市場の中)で探して、

かつ、ゴーゴーとアルバ以外の条件で見つけましたが、市内を

回っていて他に二軒カレーブランドを見ましたが、3つもブランド

見たらもう充分。

 それに毎食カレーばっかり食べるわけにも行かないので、

今度の機会にしようと思います。

 写真は少しごっちゃしますが、近江町市場で

チャンピオンカレー食べてレンタサイクルで金沢駅に戻って

後は帰りの準備とエキナカコンビニで土産買い込んで発送させて

あとは最後の晩餐に、8番ラーメンの唐麵のテイクアウトと、

片町のマックで初バベポを部屋で食べ、深夜にホテルの

VODシアターでルパン3世をAM1時過ぎから上映して

約2時間のうち半分くらいで寝てしまってなんか

モヤモヤ感が残りましたが、朝8時過ぎにはおきて、

スーツケースに荷物をつめ、チェックアウトよりも先に

駅のコインロッカーに投入して極力身軽にして、

チェックアウトから帰りの飛行機までの間、金沢城観光へ。

 前日は入れなかった金沢城の「一部」に入って 

IMG_8410.jpgDSC01351.jpg

庭園も改めてみて、やはりお茶は飲まず、かつて市電が

走った金沢城と兼六園の間の高さを見て

(写真は前日夕方)

IMG_8359.jpgIMG_8388.jpgDSC01362.jpg

次は21世紀美術館に行くつもりは無かったのですが、一応訪問。DSC01465.jpgDSC01471.jpg

レンタサイクルに乗り回すのもこれで最後。DSC01502.jpg 

プールの下は有料なようですが、上は見れました。

 入館チケット買うのに平日なのに長蛇の列で千円も

出すのがバカらしくて中には入リませんでしたが、

上からは見れました。

DSC01438.jpgDSC01577.jpgDSC01548.jpgDSC01654.jpgDSC01516.jpg

 駅に戻って、スーツケース引っ張り出して

から身軽にするために押し込んで15時少し前の

リムジンバスで小松空港へ移動。

 北鉄のリムジンバスは、提携ホテルだといいことが

あるようで、まともに駅前の待合所で買っていたら

ジュース1本程度の差が出ます。

 あまり、表立っては言わないようですが...。

 旅の終わりなので、バス車内でゆっくりしたいのに

しつけができてない若い親のせいで始終子どもが

泣き叫びで騒がしく、空港へ着いたら、スマホに、

遅延情報が入って降り、それ明けならまだしも、

機内預けの荷物25キロを超えています。といわれて、

ネットブックトマスの寿司弁当を出して何とかクリアし、

検査を済ませてロビーへ。の筈が国内線ごときで、

ベルトのステンレスと時計のチタンに金属探知機が

反応し、再検査。

 空港着いて30分ほどあるから、最後に空港で何か

買っていこうかなと思うも、後15分程度で本来の

出発時刻と言うような切羽詰った感じで、検査で

渋滞して、もともと到着が遅れているので折り返しも

10分遅れでしたが、そんな気持ちだとのんびり土産を

眺めても買う気も起きず、なんとなくせかせかして

到着ロビーに到着。

さすがトラクターも「コマツ」

小松空港

 自衛隊の基地もあるので、民間機よりも自衛隊機のほうが離着陸回数が多いです。 

DSC01695.jpgIMG_8466.jpg

 機材は737-800。

 これまで747-SR,200,400(ダッシュ400テクノジャンボ)

,400D,757-200、777-200、737-300、

L-1011,DC-10、A330、A300-600R、は乗っており、

国内では初めて737シリーズにのりますが、グッピーのように

小さい離島向け短胴型の-500のロングバージョンの

ストレッチバージョン。

 小さいと思いますが、スタンダードシートでしかも満席

なので狭く、1時間10-20分だからいいですが、前席との

余裕があったのでよかったですが、窮屈なLCCなど御免です。 

 ウイングレット(主翼の先端翼)とが初めて737シリーズで

着いたと思いますが、最近の777,787には装着されて

ないところ見ると、空気抵抗を軽減して燃費向上すると

言うのも、エンジンの向上でクリアできてるのかなと

思います。 

 かと思えばMRJには着いていますね。

http://www.flythemrj.com/j/ 

 プレミアムシートの次に窓際のお客様から先の

入場ください。というのに、通路側で座っていた

バカ親父がいたので、無言で睨んで立ち上がらせ、

満席なのでまた3-3シートの中間の人がきたら

またたちあがって、後でよく考えたら埋まっていない

ところをネットで指定したのですが、主翼上のしかも

脱出扉の前なので、

「非常時に協力してもらえますか」

と聞かれましたが、非常時にはならずにすみました。

 小松を飛び上がって、真横に前日に行った小松ドーム

が見えたので、小松-粟津駅間くらい空港があると

言うことですが、小松駅から15分で空港までバスが

通ってますが、粟津からなら車で10分で来れそうですが、

粟津の駅前見ても人がいないし、特急通過する駅にバス

を通しても仕方ないと言うことなんでしょうね。

 飛行機は西の福井方面へ離陸し、日本海がしばらく

見えましたが、。その後ずっと左旋回を繰り返しながら

雲で見えなくなりつつ、おそらく岐阜の上空あたりから

キャプテンの挨拶で聴いた浜松の駿河湾上空を抜け、

再び見えたときにはまだ17時前なのでかろうじて

夜景になる前に、九十九里から木更津の上を抜けて、

羽田のいちばん海側の滑走路に着陸。

 残念ながら、職場は見えませんでした。

 着陸してから第二ターミナルまで10分以上移動し

続けて、それなら新幹線のほうが余計な時間が

かからない。と誰しも思いますが、東京駅を基準に

して羽田まで30分程度バスに乗ったりモノレールで

移動して、手続きや保安検査を受けて飛び立って、

小松空港からバスに乗って金沢駅までと考えた場合、

時間的にどうかとおもいますが、新幹線の自由席と

早割14で比較したら時間はおいておいて料金では

新幹線の優勢だとおもいます。

 私なら迷わず新幹線指定席ですが何か...?

 自由席なら新幹線が安くて、バスの移動を考えたら

ダントツ新幹線ですが、グランクラスとプレミアムシート

ならグランクラスの方が時間がかかる分ゆったり出来ます。

 正直ドリンクサービスして10分程度で回収して、もう

着陸態勢に入る。ということで、トイレに行こうと思えば

何とかいけて、雑誌見ていたらそのタイミングを逸した

くらい忙しなくそれがプレミアム座っても同じことを考えたら、

時間かくつろぎかの選択になりますね。

 二俣川までのバスの始発のために国際線ターミナルから

乗ったおかげで、一番後ろに座れましたが、ここでもまた

泣き叫ぶ子どもが居たおかげで、車内で寝れないまま。

 私が一体何をしたと言うのでしょうか...。

 そんなこんなで、無事2泊3日のたびは終わりました。

 後はグランクラス出てきたものなど、番外編を出しますので、

それまで。


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感